【PHP】XAMPPをアンインストーラーなしで削除する方法

Pocket

「XAMPP」に少々不具合がでてしまい、最初からインストールし直そうかなーっと現在使用してる「XAMPP」を削除しようとしました。すると…

xampp_delete01

なにか裏で起動してるんでしょうかね?「別のプログラムがこのフォルダーまたはファイルを開いているので、操作を完了できません」と警告をだし、削除に失敗しまくる事態に陥りました。
「XAMPP」の削除方法を調べてみると、「XAMPP」にはアンインストーラーがあり、それで削除できるという情報があったのですが、なぜか私の「XAMPP」にはアンインストーラーがなく、この方法では削除することができませんでした。
そこで更に調べてようやく削除方法を発見しました。今回はその方法をメモしておきます。

 

リソースモニターで「XAMPP」に関連付けられたハンドルを検索し停止させる

「タスクマネージャー」 ⇒ 「パフォーマンス」タブ ⇒ 「リソースモニターを開く」

xampp_delete01.5

 

「関連付けられたハンドル」の検索欄に「xampp」と入力する

xampp_delete02

 

検索すると複数の「httpd.exe」と「mysqld.exe」が表示されるはずなのでこれを右クリックで停止させます。

xampp_delete03

「httpd.exe」、「mysqld.exe」を「プロセス終了」で停止させます。一つ停止させると複数の「httpd.exe」または「mysqld.exe」が全て停止します。この状態に持っていくことができれば、あとは「xampp」のフォルダを普通に削除することができます。私はこの方法で削除することができました。

 

セーフモード状態で削除する

もう一つの方法があるようで、「セーフモード」状態ならば普通に削除できるようです。
「Windows10」のセーフモードへ移行はこちらの記事から参照できます。

 

 

エッグ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする