【PHP】三項演算子の書き方(条件分岐)

Pocket

今回はPHPの条件分岐の構文、三項演算子の書き方についてメモします。
簡単な条件分岐ならば、「if文」よりも三項演算子のほうが記述が短く済むメリットがあります。

条件分岐、三項演算子の書き方

条件式 ? 式1(Trueの場合の処理) : 式2(Falseの場合の処理)

条件式の後に「?」を記述し、その後にTrueの場合に処理するプログラム、式1を記述します。式1の後に「:」を記述し、Falseの場合に処理する、式2を記述します。
なんと書き方としてはこれだけです。非常にシンプルですね。それではサンプルデータで動作を確認してみましょう。

 

変数内の値の有無で条件分岐

実行結果です。
三項演算子00
「isset()」を使うことで、変数の値があるかないかで出力内容を分岐させます。

 

 

数値の大小で条件分岐

 

実行結果です。
三項演算子01

 

エッグ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする