【PHP】文字列の指定した文字数から指定した文字数分取り出す関数「substr()」

Pocket

特定の文字列から、例えば3文字目から5文字分を取り出したいという状況があったとします。このような答えを返してくれる関数が「substr」関数です。「substr」関数は文字列の指定した文字数から、指定した文字数分だけ取り出して返す関数です。
今回はこの「substr」関数の使い方をメモしていきましょう。

「substr」関数

「substr」関数はの使い方は幾つかあります。一つずつ見ていきましょう。

 

このように「検索文字列、取り出すスタート位置、取り出す文字数」を「substr」関数に設定すれば実行結果が返ってきます。

 

 

取り出す文字数を設定しなければ、文字列の最後までを返します。

 

 

取り出すスタート位置をマイナスの値で設定すると、文字列の最後から値が返ってきます。上のサンプルコードでは、後ろから三文字分を取り出します。

 

 

上のサンプルコードは「後ろから5文字目から3文字分を取り出す」というプログラムになります。

 

終わりに

今回はここまでです。「substr」関数は幾つもある文字列操作関数の一つです。少しずつでも関数を覚えていき、自由自在に文字列を操作できるように頑張りましょう(・ω・)ノシ

エッグ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする