【PHP】文字列を配列に変換する関数「str_split()」

Pocket

今回はPHPで使用できる、文字列を配列に変換する関数をメモしていきます。
使用する関数は「str_split()」です。とっても便利なので頑張って使いこなせるようになりましょうφ(・_・”)メモメモ。

「str_split()」関数

以下がサンプルコードとなります。

実行結果は以下の通りです。

Array (
[0] => H
[1] => e
[2] => l
[3] => l
[4] => o
[5] =>
[6] =>W
[7] => o
[8] => r
[9] => l
[10] => d
)

文字列が配列に格納されましたね(*’ω’*) 。
str_splitの( )内に変換したい文字列を入力すれば一文字ずつ配列に格納されていきます。そしてstr_split関数は特定の文字数ずつ区切って配列に格納する機能もあります。

特定の文字数で区切り、配列に格納する方法

実行結果は以下の通りです。

Array (
[0] => Hello
[1] => World
)

綺麗に5文字ずつ格納できましたね(#^^#)
このような書き方をすることで特定の文字数ずつ、配列に格納することができます。

終わりに

現在私はオンラインプログラミング学習サイトのpaizaを利用してプログラミングの学習をしています。
paizaのスキルチェックで、文字列を操作する際にこの「str_split()」は非常に役に立ちます。一文字目だけを表示しなさいとか、〇文字分だけ取り出しなさいといった簡単なプログラムは全てこの関数で実現することが可能となります。
この他にも「explode()」関数といった文字列の操作に必要な関数がありますが、使用用途は少し異なってきますので組みたいプログラムに合わせて関数も使い分けれるようにしておきたいですね。
それでは今回はここまでです。お疲れ様でした(・ω・)ノシ

エッグ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする