【PHP】指定した範囲の値を持つ配列を作成する関数「range()」

Pocket

今回はPHPで使用できる、指定した範囲の値を持つ配列を作成する関数「range()」を使用してみます。範囲と聞くと少々分かりにくいかもしれませんが、例えば「1~10」の値、「a~z」の値を持つ配列を作成できると考えればOKです。繰り返し処理で配列を作成する必要がないので使えるようになると便利な関数ですね。

指定した範囲の値を持つ配列を作成する関数「range()」

第一引数に配列の開始となる値を記述し、第二引数に最後の値を記述すると、その間(範囲)の値を含めた配列を自動作成してくれます。またアルファベットも記述可能です。
第三引数は省略可能で、スキップしたい値を記述します。
またこの関数はひらがなカタカナ、漢字といった日本語には対応していないので注意してください。
下記がサンプルコードになります。

昇順で配列を作成する

以下、実行結果です。

range00

第一引数が第二引数よりも小さい値で記述すると昇順で配列が作成されます。第三引数を省略すると、値は1ずつ上昇していきます。
数値とアルファベットを混在させると、アルファベット側が「0」として配列が作成されます。

 

降順で配列を作成する

range01

第一引数が第二引数よりも大きい値で記述すると降順で配列が作成されます。

エッグ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする