【PHP】クラスを継承する

Pocket

>クラスの使い方について(目次ページ)

今回はクラスの継承について記述します。

クラスの継承とは?

クラスの継承とは、あるクラスからプロパティやメソッドを引き継いだ新しいクラスを作成する機能です。
いわゆるクラスのコピー機能です。クラスを引き継いだ新しいクラスを「子クラス」と呼び、コピー元のクラスを「親クラス」と呼びます。

クラスの継承方法

クラスの継承は以下の構文で行います

「class “継承クラス名” extends “継承元となるクラス名”」で、継承元から変数やメソッドをそっくりそのまま引き継いだクラスを作成することができます。サンプルコードで確認してみましょう。

「class Copy extends Player」で「Player」クラスを継承した「Copy」というクラスを作成します。そして「$tanaka」と「$suzuki」に「new Copy()」でオブジェクトを作成します。オブジェクトの作成及び、「$tanaka->denote_hp_pub();」、「$suzuki->denote_mp_pub(); 」 でメソッドを呼び出してみると…

 

class-step5-3

上記の実行結果が得られました。「Copy」クラスに「Player」クラスが継承されている為、「Player」クラスの変数やコンストラクター、メソッドが「Copy」クラスでオブジェクト作成した時でも呼び出せます。

まとめ

  • あるクラスから、プロパティやメソッドを引き継いで新しいクラスを作成することをクラスの継承という。
  • クラスを引き継いだ新しいクラスを「子クラス」、コピー元のクラスを「親クラス」と呼ぶ
  • 「class “継承するクラス名” extends “継承元となるクラス名”」で子クラスを作成することができる

 

エッグ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする