【paiza】 スキルチェック過去問題セット:野球の審判 (paizaランク C 相当) 解答例 – PHP編

Pocket

野球の審判 (paizaランク C 相当)

「strike」と「ball」の変数を作成し、取得した値が「ストライク」なら「strike」を数値を一つ上げ、「ボール」なら「ball」の数値を上げていき、指定の数に達したら「out!」また「faurball!」を出力するだけの簡単な問題です。またこの問題にはpaiza公式の解答例コードが出されているので安心です。
私がpaiza問題集メモを取り始めたのは殆んどの問題に解答例がないためだったり( ゚д゚ )

 

解答例

「if()」文が扱えればそれほど難しくはないと思います。 強いて注意点を挙げれば、「strike」と「ball」の値を増減させたとき、そのまま判定を出力するところでしょうか。

ダメな例

こんな感じで判定の出力を独立させて書いてしまうと、例えば「strike!」と「ball!」が一緒に出力されてしまいます。変数を増減させた際に、そのまま判定を出力する流れを作れるかの問題かもしれませんね。

 

エッグ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする