【IT用語】ITインフラとは?

Pocket

ITインフラとか社会インフラとか言葉だけは耳にするのですが、意外と意味がを理解してなかったりするんですよね。今日は「ITインフラ」という言葉についてメモしていきます。

そもそも”インフラ”ってどういう意味?

「インフラ」とは、「インフラストラクチャー」の略で、生活・活動を行う上で、欠かすことのできない必要不可欠な基盤と位置づけされるものの事です。主に生活基盤を指し、例えば公共施設、ガス・水道、道路・線路、電話・電気など、それがないと生活として成り立たないものを指します。その言葉が意味する範囲はかなり広いため、「社会インフラ」、「通信インフラ」、「産業インフラ」、「交通インフラ」、「ITインフラ」など、各分野に分けられています。

ITインフラとは

それでは「ITインフラ」とは一体どのようなものなのでしょうか?ITインフラはITの分野におけるインフラストラクチャー、すなわちITのきばんとなる設備や施設のことを指します。私達がインターネットに繋ぐためにもプロバイダに契約したりと、基盤となる会社が存在します。社内インフラと呼ばれることもあり、会社を運営する上で欠かすことのできない、電機や電話、ガス、パソコンといったシステムの総称で使われることもありますが、ITインフラは特に

情報の受け渡しや情報の加工・保管を行う”サーバー”
ユーザーとサーバーが情報のやり取りを行う為の”ネットワーク”

と言われています。

このサーバーやネットワークを構築・管理する人を「インフラエンジニア」と呼びますが、それはまた次回別の記事でまとめてみます。

まとめ

  • 「インフラ」とは、「インフラストラクチャー」の略で、生活・活動を行う上で、欠かすことのできない必要不可欠な基盤と位置づけされるものの総称である。
  • ITインフラとは「情報の受け渡しや情報の加工・保管を行う”サーバー”」「ユーザーとサーバーが情報のやり取りを行う為の”ネットワーク”」である

 

それでは簡単ですが、今回のメモはここまでになります。

 

エッグ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする