【IT】UI・UXとは

Pocket

UI・UXという言葉を聞いたことはないでしょうか?最近ではよくWebデザインにおいてよく聞く言葉です。
Webデザイナーやクリエイターは、このUI・UXを念頭にしてデザインをしなければならないとまで言われいてる重要な概念です。今回はこのUIとUXについてメモしていきますφ(・_・”)メモメモ

UI・UXの前に…

UIとUXを学ぶ前に、そもそも「いいサイト」とはどういうサイトのことをいうのでしょうか?「デザインがかっこいいサイト」?それとも「綺麗に整っているサイト」?「テーマにマッチしているサイト」?もちろんサイトはデザインはいいほうがいいでしょうし、趣のあるテーマのサイトは派手さというよりもテーマに沿っていたものがいいでしょうね。
しかしこの目に見えるデザインよりも気にしなけれならない事がサイトには要求されます。
それは「使いやすさ」です。「使いやすさ」といいましたが、ここでいう使いやすさとは「ユーザーの求めるものを満たせる」かということです。ユーザーがサイトを訪れる時、必ず目的を持っています。「欲しい情報がある」、「欲しい商品があるから購入したい」などです。このような目的に対して、ユーザーが以下に簡単に目的を達成できるかが「使いやすさ」ということになります。
先程の「欲しい商品があるから購入したい」という欲求を満たそうとしたとき、商品の情報ばかりで一向に購入できる場所が分からなければなんだか「使いにくい」と感じちゃいますよね(-_-;) こういうとき、商品の紹介にしても、画像に「購入できるサイトに飛ぶことができるリンクが貼ってある」だけで大分使い勝手がよくなりますよね。デザイナーに求められているのはこういうユーザーから視点を持ったデザインなんですね。
前置きが長くなりましたが、このことを頭に入れてさっそくUI・UXの概念を確認していきましょう。

UI(ユーザーインターフェイス)とは

UIはユーザーインターフェイスの略です。

「Interface:インターフェイス」は「境界面、接点」と訳せます。
つまり、UIは「人とモノ(主にデバイス)をつなぐ窓口のようなもの」だとイメージしやすいかもしれません。

例えば何かのWEBサイトをPCで見ているとき、その画面上で見られる情報(フォントやデザイン等)すべてがUIにあたります。
先程「商品を購入したい」と思った時、「購入」のボタンがあったとします。これこそがUIの最終段階ともいえるかもしれません。このボタンにたどり着くまで商品の説明やこのページに行きつくまで複数のUIが存在し、最終的にユーザーの目的を直接的に達成する最後のUIまで誘導します。目的をなかなか達成できない場合、UIとしての機能が低く、見直しが必要かもしれませんね。
それではUIとまとめると以下のようになります。

  • UIは何かしらの目的達成のために、必要な情報や機能を伝える手段である
  • 一つの目的を達成するために、複数のUIが連続して、あるいは選択肢として出てくることがある
  • UIは画面だけでなく、製品、人、場所などを含む接点である

 

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは

UXはユーザーエクスペリエンスの略です。

「Experience:エクスペリエンス」が「体験、経験」と訳せるように、UXは「人がモノやサービスに触れて得られる体験や経験」のことです。

そのサイトを見た時にユーザーに与える感情的な部分がUXです。例えばサイトを見た時に

  • デザインが美しい
  • フォントが見やすい(読みやすい)
  • なんの情報がどこにあるか分かりやすい
  • ページの読み込み速度が速くて使いやすい

などの感想がUXです。商品やサービスに触れて、ユーザーが感じることすべてがUXとなるのです。
ここで注意したいのはUIとは異なるという点です。UIはあくまでユーザーが目的を達する為の接点であり、これらを通じてユーザーが感じる感情がUXです。少々ややこしいですですが、UIを含み最終的に「よかった」、「悪かった」などのユーザーの「評価」に値する部分がUXとも言えるでしょう。

UIとUXの違い

実は「UIとUXの境界線は曖昧」とも言われています。UIがよかったらUXがいいといえるのでしょうか?必ずしもそう言う訳ではない場合もあるのです。

例えば先程の「商品を購入したい」というユーザーを例にしてみましょう。ページ内にひときわ目立つ「購入」のボタンがあったとしましょう。ここだけ見るととてもUIとしていいかもしれません。ですがここに行きつくまでの過程がとても複雑で苦労の末行きついたものだったらどうでしょう?きっとユーザーからは「使いにくかった」という感想がでるかもしれません。
これは一概にUIの良さ(一部分はよくても)が必ずしもUXの良さに繋がるわけではないということです。ですがこれもややこしい話ですが、仮に全てのUIが分かりやすく、使いやすかったら、結果的にUXは良くなっていたかもしれません。
ユーザーが満足できる = 「とてもよいUX」ということです。それに繋がるまでのたくさんのUI、並びにその他デザインの工夫などが最終的に高いUXに繋がります。Webデザイナーが目指すべきは「よいUI」ではなく「よいUX」であるということをしっかり認識、また「よいUX」を作る為には「よいUI」を作る必要があるということも覚えておかなければなりませんね(ウーン 複雑( ゚д゚ )

それでは今回はここまでです。お疲れ様でした(・ω・)ノシ

エッグ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする