【Javascript】Javascriptとは?

Pocket

HTML、CSSと学習して、外見は整ってきたけどなんか味気ないなぁというところまでくれば、いよいよJavascriptの出番です(最近ではCSSでも十分な動きをつけることができるようですが)。
しかしJavaScriptは何ができるものでどういうものなの?っと聞かれた時に、初心者エンジニアではなかなか言葉に表現しづらいものがありますね。実際私では言葉で伝えることは現状難しいです^^;
そこで今回はJavascriptの概要と、Javascriptで何ができるかだけを簡単にメモしていきます。

JavaScriptとは?

JavaScriptはブラウザ上で動作するプログラミング言語です。1995年にHTMLページを操作するためのプログラミング言語として開発されました。しかし登場した当時はブラウザ間の互換性が低く、中々世に浸透しませんでしたが、「Ajax(エイジャックス)」と呼ばれる技術が開発されてからは広く普及していきました。
私達が使用しているTwitterやFacebookにもJavascriptは使用されており、私達のインターネットライフに役立ってくれているのです。
サイトでよく見かける「ドロップダウンリスト」や画像を切り替える「スライドショー」など、ページの動きにJavascriptは使用されています。

ブラウザを操作するとはどういうこと?

さて、JavaScriptはブラウザを操作するプログラミング言語ということが分かりましたが、そもそもブラウザを操作するとはどういうことなのでしょうか?
ここでまずHTMLとCSSだけで作られたWebページを見てみると、外見はデザインできるかもしれませんが動きはありません。静的サイトと呼ばれるものですが、HTML、CSSにはある特徴があります。
それは一度ブラウザに読み込まれたらもう変化しないということです。別のページに移動しない限り、ブラウザに同じものを表示し続けます。
つまりHTMLとCSSは不変であり、静止したデータといえます。Javascriptを使うと、この静止したデータをリアルタイムに書き換えたりすることで、動きをつけたりすることができます。
JavaScriptはHTMLとCSSだけではできないことに使用するものなのです。更にこのJavaScriptをする大きな意義は、HTMLやCSSを書き換えると、その変更がブラウザの表示に即座に反映されます。しかも画面が書き換わるのは変更があった箇所だけで、読み込みなどはなく、待ち時間もないという、アプリのようなページが作れます。

HTMLやCSSにはできないJavascriptの処理

ここまでの話で、Javascriptは静止データに動きをつけるものだということが、なんとなくですが分かってきました。JavaScriptは非常に奥が深く、この言語を自在に扱うことができれば色んなことができますが、基本的にJavaScriptの役割で特に重要なものは次の二点です。

  • ブラウザに表示されているHTMLやCSSを書き換える
  • ブラウザに表示されているHTMLやCSSから情報を読み取る

ブラウザに表示されている情報を書き換える。例えばこれはページ上のボタンを押すと画像が変化するものがあったとします。これはボタンを押したことをトリガーに、表示している画像を変更する、すなわちHTMLを書き換える「アウトプット」の処理です。

逆にブラウザに表示されているHTMLやCSSから情報を読み取るとはどういうものでしょうか?
これは「お問い合わせフォーム」などがしっくりくると思います。フォームに入力された内容や情報を読み取り、Webページから情報を入手する処理です。これは「インプット」の処理といえます。

まとめ

  • JavaScriptはブラウザ上で動作するプログラミング言語である
  • JavaScriptはHYMLやCSSだけではできない処理を行う
  • HTMLやCSSをリアルタイムに書き換えることができる
  • HTMLやCSSから情報を読み取ることができる

エッグ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする