Webとインターネットの違い

インターネット
Pocket

皆さんは

皆さんはインターネットやWebという言葉をお聞きになったことがあると思います。今更ながら思ったのですが、”インターネット”と”Web”って違うの?って疑問に思いました。

今回はインターネットとWebの違いについてのメモを取っていきたいと思います。

インターネットとWebの前に、”ネットワーク”について

ネットワークとは、個々に存在する端末を有線や無線でつなぎ、相互にデータを送受信できる状態を表します。パソコンとプリンタを繋いでいるように、異なる端末がデータを送受信、または共有できる状態をネットワークといいます。インターネットもWebもこのネットワークの状態であることには違いありませんが、厳密に言えば異なる定義がされています。

インターネットとは?

インターネットとは、世界規模でネットワークを形成している状態であると定義されています。世界中で相互のネットワークが形成し、遠く離れた端末と繋がれており、データの送受信が可能である状態を”インターネット”と呼びます。

Webとは?

Webは「World Wide Web」の略称であり、インターネットを使って文章などを公開し、接続されている端末からその公開されている情報を閲覧できるようにするシステムを指します。私達がインターネットを通じて、ページから情報を得る時に、公開されている文字や画像がパソコン画面に表示されると思いますが、この表示させているものこそWebというシステムです。

インターネットが世界規模で端末が繋がっている状態に対して、Webは情報開示のシステムです。Webの構成要素として、HTMLやCSS、Javascriptと言ったプログラムによって、私達が普段目にしているページが構成されています。

簡単ですが今回はインターネットとWebの違いだけメモして終わりにしたいと思います。

まとめ

  • 端末を有線や無線でつなぎ、データの送受信を可能する状態を”ネットワーク”という
  • 世界規模で”ネットワーク”を形成することを”インターネット”という
  • ”Web”とは”World Wide Web”の略であり、インターネットを使って公開されている情報を、文章や画像として閲覧できるようにするシステムを指す

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。