[株]PBRとは?

東証
Pocket

前回BPS(一株当たりの純資産)についてのメモをしました。今回はそこから求めることができるもう一つの指標、PBRについてメモを取っていきたいと思います。

BPS

PBRとは

PBRとはPrice Book-value Ratioの略で株価純資産倍率と呼ばれています。株価が1株当たり純資産(BPS)の何倍まで買われているかを表す尺度で、1株当たり純資産の何倍の値段が付けられているかを見る投資尺度です。現在の株価が企業の資産価値(解散価値)に対して割高か割安かを判断する目安として利用されることが多く、PBRの数値は低いほうが割安と判断されます。

例えば現在の株価が1000円だとして、一株語りの純資産(BPS)が500円だとするとPBR2.0(2倍)となり、割高として判断されることが多いです。主に1.0倍以下なら割安として判断されることが多いようです。

PBRの求め方

PBR=株価÷BPS(一株当たりの純資産)

まとめ

  • PBRとはPrice Book-value Ratioの略で、株価純資産倍率という
  • PBR=株価÷BPS(一株当たりの純資産)で求めることができる
  • PBR=1.0が基準であり、1.0以下なら株価割安、1.0以上なら株価割高という判断材料となる

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。