[株]BPS(1株当たり純資産)とは?

東証
Pocket

株式投資において様々な指標があります。このPERやEPSなど、様々な角度から企業の内情を知り、投資するべきか否かの判断を投資家達は行います。

今回はその指標の中の一つ、”BPS”についてメモしていきます。

BPS

BPS(一株当たりの純資産)とは

BPSは(Book-value Per Share)の略で”一株当たりの純資産”や”一株当たりの株式資本”等と呼ばれ方をします。会計において、純資産とは資産から負債を差し引いたものを指し、会社にとっての純粋な資産を意味しています。もしも会社が解散することになった場合に、保有する株式数に応じて株主に還元されるものとされており、会社が蓄えている資産と捉えることができます。

BPSの求め方

BPS=一株当たり純資産(円) = 純資産 ÷ 発行済株式総数

BPSから何が分かるのか?

ではこのBPSから何が分かるのでしょうか?BPSは企業の財務分析をするにあたって、主に会社の安定性を判断する際に用いられます。BPSの数値が高ければ高いほど安定性の高い企業と評価することができ、反対にBPSの数値が低ければ低いほど安定性を欠く企業と見ることができます。

これは会社が保有している純資産が、一株単位において大きいという意味で、「たくさんの資産を持っているから安定性の高い企業だ!」っという指標になります。

BPSから株価が割高かどうか判断できる?

同じ業種において、BPSを比較することでその株価が現在割高かどうかの判断をすることができます。

例1)

A社:株価1000円 発行株数:1000株 BPS:200円

B社:株価1000円 発行株数:1000株 BPS:100円

上の例の場合、株価と発行株数が同じでBPSがA社のほうが高くついています。つまりA社のほうがB社よりも多くの純資産を保有していると考えることができます。しかし株価は同じということは、B社の株価は割高になっている可能性があり、今後株価が下がる可能性があると考えることができます。

例2)

A社:株価1000円 発行株数:1000株 BPS:200円

B社:株価500円 発行株数:1000株 BPS:200円

この場合はBPSと発行株数が同じです。つまり純資産でいうならばA社もB社もほぼ同等なのですが、A社の株価はB社の倍の株価になっています。この場合、A社が割高なのか、B社が割安なのかもう一つ同じ業界の会社を比較してみて投資の判断材料にする必要があります。将来的にA社の株価が下がる可能性がありますし、B社の株価が上がる可能性もあるためです。

まとめ

  • BPSは(Book-value Per Share)の略で”一株当たりの純資産”を意味する
  • BPS=一株当たり純資産(円) = 純資産 ÷ 発行済株式総数
  • BPSの数値が高いほど安定性の高い企業と評価することができる

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。